車を売るならどこが高い?26万も査定UPさせた方法とは?


無料で26万も査定UPした方法を見る

 

車を売るときに誰もが「少しでも
高く車を売りたい」と思うため
どの店舗が高く買取ってくれるか
調べているでしょう。

 

結論を言うと、どこの業者が高く
買取るかは決まっていません。

 

車種によって各業者で査定額のつけ方が
違うからです。

 

よって、高く売るならプラス査定をもらう
ための準備が必要なのです。

 

そこでこのページでは、
次の2点を紹介します。

 

  1. 車が高く売れる時期
  2. 26万も査定UPした車を高く売る方法

 

これをご覧いただけると、実際に私が
26万円も高く売った方法がわかります。

 

初めて車を売る方でも簡単に実践できるので
参考にしていただけると幸いです。

 

車を売るならタイミングも大事!高く売れやすい時期とは?


車が高く売れやすい時期は2月から
3月頭にかけてです。

 

4月から始まるの新生活の準備で3月に
車を購入する方が増えるからです。

 

3月に車をたくさん売るために、
その前の2月から3月頭にかけて、中古車を
買取って用意しておくのです。

 

つまり、この時期はどの買取業者も
中古車買取りに積極的になるため、
競争の激化が発生するのです。

 

その結果、他店よりも高い査定額を
出してくれる可能性が高くなります。

 

ただし、2月から3月頭を待ってると
車検が切れてしまう場合、車検が
切れる前に売ってしまいましょう。

 

車検に通してから車を売ると、その費用
以上にプラス査定になることはなく、
必ず損をするからです。

 

車を売るならノーマルが一番?純正部品に交換する理由とは?


社外品のアフターパーツに部品を
交換している方は、純正部品に戻して
おきましょう。

 

たとえば、マフラーやホイールです。

 

これらは、所有者のセンスが強く
反映されているため、好みが分かれます。

 

そのため、中古車として売りづらく
なり、最悪はマイナス査定になるのです。

 

取り外した社外の部品は、
ネットオークションなどで売却すると
さらに得をします。

 

カーナビの場合、ダッシュボードを外す
などの手間がかかりますが、自分で
できる方はチャレンジしても良いでしょう。

 

車を高く売るなら外せない!「買取り」を選ぶ理由とは?


車の売り方は、次の3種類があります。

 

  1. 下取り
  2. 買取り
  3. 個人売買

 

「下取り」は、手続きがもっとも楽ですが
査定額がもっとも安いという大きな
デメリットがあります。

 

「個人売買」は間に業者が入らないため
中間マージンが発生しません。

 

そのため、売却金額は高いですが、
車両代金を払ってもらえないなどの
トラブルが実際に起こっています。

 

これらに対し、「買取り」はいくつかの
買取業者で査定額を競合させて、より
高い買取額を出させることが可能です。

 

また、企業との車の売買なので、
個人売買のようなトラブルや事件が
非常に起きづらいです。

 

このことから、買取をおすすめします。

 

しかし買取りにもデメリットがあります。

 

実は査定が面倒?買取りのデメリットとは?


買取のデメリットは、複数の業者で
買取額を競合させた場合、とても時間
がかかることです。

 

まず、自分で競合させる業者を最低でも
3社を探さなければいけません。

 

そして、一社ずつ査定の予約を取り、
実際に査定を受けに店舗まで向かう
必要があります。

 

移動時間を考えると、
一社で2、3時間はかかります。

 

これが非常に手間で、途中で諦めてしまい
結果的に高く売ることができない方が
ほとんどなのです。

 

ただ、次に紹介する方法を行なうことで
このデメリットは解消されます。

 

車を売るならこの方法!無料で26万円も査定UPさせました!


車を売るなら次の方法がお勧めです。

  • 一括査定サービスを利用する
  • 買取業者を集めて同時に査定する

一括査定は、最大8社の出張査定ができる
買取業者を無料で紹介をしてくれます。

 

ここで紹介された業者を同じ場所に集めて
同時査定と価格交渉をその場で行えば、
たった一回の査定で限界の査定額まで
アップしてもらえるのです。

 

一括査定を使わないなら、一社ずつ査定と
交渉をしなければならず、一社につき
3時間以上かることになりとても面倒です。

 

しかし、たった一回の査定で26万も
査定UPできたので、車を売るなら
一括査定がおススメです。