車を高く売りたい!私が23万円も査定UPしたコツを公開!


23万も査定UPしたコツを見る

 

車を売るなら、できるだけ高く
売りたいと思いませんか?

 

私も車を売るときは、どうやったら
高く売れるのだろうということばかり
考えていました。

 

その結果、ある方法で査定額を
23万円もアップさせることが
できたのです。

 

そこで、あなたに次の2点を
紹介します。

 

  1. 安全に高く売るおススメの売り方
  2. 23万も査定アップしたコツ

 

これを読めば、確実に車を高く売って
得する方法がわかります。

 

参考にしてください。

 

どれがベスト?車を売る3つの方法の特徴とは?


車の売却方法は大きく分けると
次の3つに分かれます。

 

  1. 下取り
  2. 個人売買
  3. 買取り

 

これらはそれぞれ長所と短所があり、
オススメの方法は買取りです。

 

もっとも安全に取引ができ、高く
買取ってもらうことができるからです。

 

以下ではこの3点について解説します。

 

楽だけど安い?ディーラーなどの車下取りの特徴とは?


下取りとは、買い替えの車を購入する店舗で
購入費用から割り引くために、元の車を
引き取ることです。

 

下取りと、新しく車を購入する店舗は
同じため、一連の買い替え手続きが
楽というメリットがあります。

 

しかし、他店の査定額と比べて、より
高い査定額を提示してくれた業者を選ぶ
ことができません。

 

そのため、他の2種類の売却方法よりも
安く引き取られることがデメリットです。

 

トラブルが多すぎる!車の個人売買はオススメできない理由とは?


個人売買は、もっとも高く売れる
売却方法です。

 

「下取り」や「買取り」と違い、売り手と
買い手の間に、業者が入らないため
中間マージンが発生しないからです。

 

そのため、金額的には双方に大きな
メリットがあります。

 

ただし、下記の大きなトラブルが
起こるとが多いです。

 

  • 代金を支払ってもらえない
  • 名義変更してもらえない

 

代金を支払ってもらえない場合、
最悪は裁判を起こすことになりますが、
万が一相手に財産がなければお金を
受取ることができません。

 

また、名義変更をしなければ、法律上の
所有者はあなたなので、駐車違反や
スピード違反などの警察からの通知が
あなたに届くことになります。

 

これは実際にあったトラブルであり、
このリスクを考えると個人売買は
おススメできません。

 

安全で高く売れる?車を売るなら買取りがオススメな理由とは?


買取りとは、買取専門店に
車両を買取ってもらうことです。

 

下取りと違い、どの業者に売るかは
自由に決めることができるため、
他店との査定を比較して、より高い査定額の
業者を選ぶことができます。

 

さらに、価格交渉もできるため、
下取りよりも高く売ることができるのです。

 

また、業者に対して車を売るため、
個人売買のような、代金を払ってもらえない
などのトラブルはまずありません。

 

これらのことから、車を売る方法は
買取をおススメします。

 

ただし、高く買取ってもらうには
コツがあります。

 

次にそのコツについて解説します。

 

楽してお得!たった一回の査定で23万も査定UPしたコツとは?


下記の理由から「一括査定」で買取って
もらうことが、車を高く売るコツです。

  1. 自分で業者を探す手間が省ける
  2. 紹介してもらえる業者は優良企業のみ
  3. 同時査定ができる

一括査定なら、自分で業者を探さなくても
厳しい審査に通った、優良な買取業者だけを
最大で8社、無料で紹介してもらえます。

 

また、査定額アップするには、複数の
買取店で査定を取り価格交渉する必要が
ありますが、一括査定なら同時に査定を
行ない、その場で交渉できるのです。

 

この方法で、たった一回の査定で23万円も
査定UPできたので、おススメです。