得しない!車の下取りをディーラーで行うと損する理由とは?


19万円も高く売れた方法を見る

 

車の買い替えをするとき、多くの方が
ディーラーで下取りをすることを
考えるはずです。

 

ディーラーで下取りすると
手続きが楽なので、間違った選択では
ありません。

 

しかし、できるだけ高く売って
買い替え費用に充てるお金を
多く準備したい場合は、
下取りはお勧めできません。

 

そこでこのページでは、
次の2点について解説します。

 

  1. ディーラー下取りは損をしやすい理由
  2. ディーラー下取りより19万も高く売れた方法

 

この記事を読むことで、下取りよりも
確実にお得に車を売る方法がわかります。

 

下取りよりも19万円も高く売れたのは、
私が実際にある方法を行った結果です。

 

初めて車を売る方でも簡単に実践できるため
ぜひ参考にしてください。

 

手続きがカンタン?ディーラー下取りとはどんな方法?


下取りとは、新しく購入する車の
代金から値引きする目的で、現在の車両を
引き取るサービスです。

 

下取りを利用することで、
車の買い替えに関する一切の手続きが
ディーラーの1人の担当者で
完結します。

 

そのため、2回ほどディーラーに
出向くだけで終わり、もっとも
手間がかからない方法です。

 

得して売りたいならNG!ディーラー下取りは損をする理由とは?


ディーラーで下取りをしてもらうと
損をする理由は、次の2つです。

 

  1. 下取りの相場表で価格が決まってしまう
  2. 査定額を比べられない

 

以下では、この2点について詳しく解説
していきます。

 

相場表で価格が決まる?ディーラー下取りの査定基準とは?


ディーラーの下取り査定は、下取りの
相場表でほとんど決められています。

 

この査定表は、「日本自動車査定協会」が
定めた基準です。

 

この基準では、10年落ちで査定額は
0円になってしまいます。

 

つまり、市場の需要や人気度、希少度
など、本来プラスになるべき点が
無視されることがほとんどです。

 

一方、買取専門業者などの
「買取り」では市場価値を考慮して
査定額をつけられるため、下取りより
高くなります。

 

そのため、ディーラーでの
下取りは、買取りと比べると
損をすることになるのです。

 

致命的!ディーラー下取りでは他店と査定額を比較できない?


下取りは上で説明した通り、
車の引き取り先と新しい車の購入先が
同じ店舗でなくてはいけません。

 

しかし、このシステムにより、
他の業者の査定額と比べて、より高い
ほうを選ぶということができないのです。

 

そのため、ディーラーの下取り査定額に
納得しなくてはいけなくなります。

 

車を高く売るなら、3社以上で査定を取って
価格が低かった業者に対して、
値上げ交渉をするのがセオリーです。

 

そのため、これができない下取りでは
査定額が低くなるのは当然で、
単純にお金のことだけを考えたら
損をしてしまうと言えます。

 

ディーラー下取りより19万アップ!買取りで得する方法とは?


私がディーラー下取りの0円査定から
19万円UPを成功した方法を紹介します。

  • 最低3社の買取業者で査定を取って比較する
  • 査定額が低かった業者に値上げ交渉をする

下取りはより高い査定を出す業者を選べず
高く売ることができないため、必ず
買取りを選びましょう。

 

そのときに、少なくとも3社で査定の
比較をして価格交渉をしましょう。

 

これを行うには、「一括査定」が便利
ネット上で必要情報を一度入力すれば、
3社以上の買取査定を一括で取れます。

 

わずか45秒で入力完了するため、自分で
買取り店を探し、査定を一社ずつ取る
手間と時間を大きく減すことができます。