知らないと損をする!車を高く売却する4つの注意点とは?


27万も高く売却した方法を見る

 

車を売却するとき、少しでも
高く売りたいと思いますよね。

 

しかし、車の売却には注意点があり、
それを理解しておかないと、知らないうちに
損をしていたりトラブルが発生します。

 

そこで、この記事では次の2点を
お伝えします。

 

  1. 車を高く売却するための4つの注意点
  2. 27万円も高く売却したオススメの方法

 

この記事を読んでいただければ、
注意点を守りつつ、高く売却する
方法がわかります。

 

これは私が実践して、27万円も高く
売却できた方法です。

 

初めて車を売る、初心者の方でも
カンタンにできるため参考にしてください。

 

トラブル注意!個人売買で車を売却してはいけない理由とは?


高く売りたいからといって、
個人売買をえらぶのはやめておきましょう

 

「下取り」や「買取り」などのその他の
売却方法と違い、業者の中間マージンが
ないため、高く売ることができます。

 

しかし、トラブルが起こることが多く
金額面以外を考えると得するとは
言えません。

 

実際に次のようなトラブルがよくあります。

 

  • 車両の代金を支払ってもらえない
  • 名義変更してもらえない

 

支払いがされない場合、最悪は訴訟を
起こすことになります。

 

ただ、弁護士費用が必要だったり、
相手にお金がなければ結局は支払って
もらえないことがあります。

 

また、名義があなたのままだと、駐車違反や
スピード違反などの警察からの出頭命令の
通知があなたに届いてしまいます。

 

車が高く売れると言っても、
リスクが大きすぎるため、個人売買は
やっていはいけません。

 

損するため要注意!車売却は下取りではなく買取を選ぶ理由とは?


実は「下取り」よりも「買取り」の
ほうが高く売れるため、買取りを
選びましょう。

 

下取りは、年式や走行距離で査定額を
計算する方法が決まっており、これは
10年落ちで0円になるような、とても
低い計算結果になる査定方法なのです。

 

一方、「買取り」は実際の市場価値や
買取り相場を考慮して、買取専門のプロが
査定額を決めます。

 

そのため、下取りよりも買取りのほうが
高い査定がつきやすいのです。

 

また、買取りは個人売買とは違い、
専門の業者との売買であるため、代金が
未払いといったトラブルもまずありません。

 

安全性と売却額の観点から、買取りで車を
売ることをおススメします。

 

必ずやること!車を売却するなら3社以上で査定を取る理由とは?


買取は下取りよりも高く売れますが、
さらに査定額を上げる方法があります。

 

それは、3社以上の業者で査定を取って、
値上げ交渉することです。

 

買取業者はライバルと競合しない限り
査定額を上げることはありません。

 

より高い査定を出す業者がいなければ
査定額を上げる必要がないからです。

 

ただし、この方法は少なくとも査定を
3回も行う必要があり、さらに交渉を
しなければいけません。

 

土日しか時間が取れない方は、3週間近く
時間がかかってしまい、時間と手間が
とてもかかります。

 

このデメリットを解決させる方法を
次に紹介します。

 

高く売る最大の注意点?27万円も高く車を売却した方法とは?


下記の理由から「一括査定」で買取って
もらうことが、車を高く売るコツです。

  1. 自分で業者を探す必要がない
  2. 紹介可能な業者は優良企業のみ
  3. 同時査定ができ、一回で終わる

一括査定は、あなたが業者を探す必要がなく
登録の審査に通った優良な買取業者だけの
紹介が、最大8社まで無料で可能です。

 

また、査定UPの交渉をするなら、ライバル
業者と査定額を比べて値上げの交渉が必須
ですが、一括査定なら同じ場所で同時査定を
行なって、その場で価格交渉ができます。

 

私はこの方法で、たった一度の査定で
27万円も査定額を上げることに成功した
ため、ぜひ参考にして頂けると幸いです。