下取りより買い取りが得?私が31万も高く売った理由とは?


31万円も査定アップさせた方法を見る

 

「下取りと買い取りってなにが違うの?」

「どうやって売ると車が高く売れるの?」

 

車を売るときは、このように考えて
ネットなどを利用していろいろと
調べますよね。

 

しかし、結局下取りと買い取りの
どちらが得するのかわからずに
悩んでいる方も多いでしょう。

 

そこでこのページでは、
次の2点を紹介します。

 

  • 下取りと買い取りのメリット、デメリットとは?
  • 私が31万円も査定アップさせた方法とは?

 

この記事を読んでいただけると
どうやって車を売れば
得するのかわかります。

 

得したお金は、車の買い替え資金や
旅行などのレジャーに使って楽しみましょう。

 

手続きが楽?下取りの立った1つのメリットとは?

 


「下取り」とは、新しく購入する車の
代金から下取り代金分を割引する
引き取り方法です。

 

現在所有している車の引き取り
から、新しく購入した車の納車までの
手続きをすべて担当してくれます。

 

そのため、やり取りの窓口が
1人だけなので、手続きが
とても楽です。

 

これが下取りの唯一のメリット
と言えます。

 

しかし、もちろんデメリットもあります。

 

次に、下取りのデメリットを
紹介するので、しっかりと
読んでおきましょう。

 

手続きが楽でも大きな落とし穴…。下取りのとデメリットとは?


下取りのデメリットは、
「下取り額が買い取りよりもが安い」
ということです。

 

ディーラーなどの販売店は、下取りの
価格表があり、その基準でしか査定額を
つけてくれません。

 

これは実際の需要が考慮されていないため
市場価値よりも安くなるのです。

 

また、下取りは新しく車を購入する
店舗でしか行えません。

 

そのため、いくつかの業者で
査定を取って、最も高い値段の業者を
選ぶということができません。

 

このことから、下取りは、必ず
安い価格つけられるのです。

 

気にするほど手間にならない!買い取りのデメリットとは?

 


「買い取り」のデメリットは、
「下取りと比べて、車を買い替える
手続きの手間がかかる」ことです。

 

下取りは、先ほど解説したように
車両の引き取りから納車まで、
1つの店舗で行います。

 

そのため、手間や時間が
あまりかかりません。

 

一方、「買い取り」では車の買い取り先と
購入先が別になるため、2か所で
手続きを行う必要があります。

 

とはいえ、手間が2倍になるわけではなく
やり取りの相手が2人になるため
すこし手間がかかる程度です。

 

必要書類などは、下取りも
買い取りも変わらないからです。

 

これからお伝えするメリットを
考えると気にするほどのことでは
ないでしょう。

 

知らないと必ず損する!買い取りの大きなメリットとは?


買い取りのメリットは、
「買取査定額が高い」ことです。

 

下取りのでは、新しい車を購入した
店舗と同じになるため、ライバル業者でも
査定を取って、高いところを選らぶ
ということができません。

 

しかし、「買い取り」では
車の売却先を自由でに決められるのです。

 

複数の買い取り業者での査定額を
比較して、査定の値上げ交渉ができるため
下取りよりも高い査定がつきます。

 

実際に私は、値上げ交渉をすることで
下取り査定額が20万円の車を51万円で
買い取りをしてもらうことに成功しました。

 

ただし、高額査定を引き出すには
ちょっとした「コツ」が必要です。

 

次に、その「コツ」を紹介します。

 

31万円も得した!下取りよりも買い取りで高く売る方法とは?


下取りよりも高く売る方法は、下記です。

  • 「一括査定」を利用して価格交渉すること

ライバル店の査定額と比べて交渉することが
査定額を大きく上げるには不可欠です。

 

しかし、自分で業者を探して査定と交渉を
繰り返すのは3週間以上かかり、大変です。

 

一括査定サービスを利用すれば、たった
45秒の売りたい車の情報入力だけで、
10社近くの業者の査定と値上げ交渉を
一括で行えます。

 

私はこれで、下取り査定額20万円の車を
51万円で売却することに成功しました。

 

一括査定サービスは、完全無料なので
活用をオススメします。

 

諦めないで!ポンコツ車でも6万で買取ってくれた方法とは?


ポンコツ車でも6万で売れた方法を見る

 

 

「走行距離14万キロ超えのポンコツ車だから
値段はつかないのかな…」

「10年落ちだから、タダで
引き取ってもらえるならいいか」

 

古くてポンコツな車に乗っていると
売ろうと思っても、このように考えて
諦める方がほとんどです。

 

しかし、諦める必要はありません。

 

ポンコツ車でも値段をつけて
買い取ってもらうことは可能です。

 

このページでは、次の2点を紹介します。

 

  1. ポンコツでも高く買取ってもらえる理由
  2. ポンコツ車でも6万で買取ってもらえた方法

 

これを読めば、初心者でも
手軽に査定額アップを狙える方法がわかります。

 

実際に私が行って、14万キロ超えの車を
6万円で買い取ってもらえたので、
ぜひ参考にしてください。

 

海外で大人気?ポンコツな車でも買取ってもらえる理由とは?


車の走行距離が10万キロを超えていたり
10年落ち以上の車でも、値段がつく理由は
海外で販売するからです。

 

日本車はとても丈夫で、他国のメーカーの
車と比べても故障しづらいため、
海外で非常に人気があります。

 

実は、海外では30万キロ以上走ることや
30年以上同じ車に乗り続けることは
珍しくないのです。

 

つまり、車を買い替えるより、車を
修理しながら乗り続けた方が
お金がかからないのです。

 

そのため、日本車の人気がとても高く
日本では買い手がつかないような車でも
値段をつけて売ることができるのです。

 

必ずやるべし!ポンコツな車でも買取額を上げるコツとは?


ポンコツな車でも高く買取ってもらう
コツは次の3点です。

 

  1. 一日でも早く手放す
  2. 車検が切れる前に売る
  3. 下取りではなく買取りをする

 

この項では次の3点を
解説していきます。

 

迷ってると損!1日でも早く手放した方が得する理由とは?


車は、一日ごとに価値が下がります。

 

車を売るか迷っている間に走行距離が
増えたらそれだけでマイナスになるのです。

 

走行距離だけならまだよいのですが、
事故を起こしてしまったら、
せっかく売却できる車を、廃車に
せざるを得なくなることもあります。

 

こうならないように、
車を売るか維持するかを早めに決断し
行動することが高く売るコツの1つです。

 

車検で費用がムダ?車検の前に売った方が損しない理由とは?


もし車検の期限が切れる間近の場合、
車検を通す前に売りましょう。

 

車検を通した後に車を売ると、
間違いなく損をします。

 

仮に、車検が丸2年残っていても
車検にかかった費用以上に買取り査定額は
プラスにならないからです。

 

ポンコツな車の場合、部品交換などを
入れると、車検で15万円ほどかかる
ことが多いです。

 

しかし、車検でプラスになる金額は
せいぜい5万円程度です。

 

また、当然車検の残日数が少なくなるにつれ
査定のプラス分が減ります。

 

つまり、車検に出してから
車を売ると、少なくとも10万円は損を
するということです。

 

下取りは絶対に損!ポンコツ車でも「買取り」を選ぶ理由とは?


車を高く売るなら、「下取り」ではなく
「買取り」で売却しましょう。

 

「下取り」は、新しく車を購入する店舗で
現在の車を引き取ってもらうため、
高く下取りしてくれる店舗を選ぶ
ことができません。

 

一方、「買取り」はどの業者を
選ぶかは自由です。

 

そのため、3社以上の業者で査定を取って
もっとも高い買取査定の業者を選ぶ
ことができます。

 

さらに、査定額の値上げ交渉もできるので
高く買取ってもらうことができます。

 

しかし、この方法は自分で買取り店を探して
一社ずつ査定を受ける必要があるため、
とても時間がかかり、ほとんどの方は
途中で諦めてしまいます。

 

そこで、次に「買取り」で時間をかけずに
買取査定アップをする方法を紹介します。

 

初心者でも簡単!ポンコツ車でも6万で買取りできた方法とは?


ポンコツ車でも高く売る方法は以下です。

  • 3社以上の買取店で査定額を競わせる

他の業者の査定と比べて価格交渉することで
買取額は上がりますが、自分でいくつも
業者を探して価格交渉をすると3週間以上
かかることもありとても負担が大きいです。

 

そこで、「一括査定サービス」を利用し、
3社以上の業者を同じ日時と場所に集めて、
査定と交渉を一度に行いましょう。

 

これを行なうことで、たった一回の査定で
高い買取額を引き出すことができます。

 

この方法で、私は14年落ちのポンコツ車を
6万円で買い取ってもらいました!